宮崎県建築協会は社会的地位の向上と、社会公共の福祉に寄与することを目指した団体です。

HOME > 活動報告一覧 > 活動報告

活動報告

令和元年度 青年部全員協議会

2019年05月27日

去る5月24日(金)18:30 宮崎市の浜乃瀬にて、令和元年度 青年部全員協議会が開催され、青年部員(全32名)ら多数が参加した。協議会は増田総務委員長の司会で進行した。

初めに挨拶に立った投山部会長は前年度の活動を振り返り「建設産業の大きな課題である若年層確保に向けた活動の一環として、今年3月に青年部として初めて、県内工業高校の建築科1年生を対象とした交流会を他団体と合同で開催し、給料や休暇、県内外就職のメリット・デメリット、建築の魅力について率直に意見を交わした」ことを説明し、「地道な活動の積み重ねが、課題を解決するための足掛かりになる」とした上で、「将来世代のために今の我々が取り組まなければならない」と強調。令和という新たな時代のスタートにあたり、「部会長としてしっかりと舵取りをしていく」と意気込みを語り、活動に対する部員の理解と協力を求め締め括った。


                       





《投山部会長挨拶》

引き続き、以下の2議題について審議し、満場一致で承認・可決された。
@平成30年度事業報告
A令和元年度事業計画

協議会終了後には、同会場にて各委員の顔合わせ及び懇親会も催され、4月23日の通常総会にて新会長に就任した松本純明会長にて乾杯の御発声並びに御挨拶を頂き、参加者はお互いに親睦を深めていた。最後は4月より就任した松元義春専務理事兼事務局長とり御挨拶を頂き、懇親会は滞りなく閉会した。








《松本会長挨拶》








《松元専務理事兼事務局長挨拶》










 (記事:青年部広報委員会)

>>一覧へ戻る

ページの先頭へ